伊藤美誠に1000万円の報奨金を贈呈 水谷は600万円 東京五輪報告会

[ 2021年9月12日 17:37 ]

水谷隼(左)と伊藤美誠
Photo By スポニチ

 日本卓球協会は12日、都内のホテルで東京五輪報告会を開き、混合ダブルス金メダルを含むメダル3個を獲得した伊藤美誠(20=スターツ)に1000万円の報奨金が贈呈された。伊藤は「水谷選手と一緒に金を取れたことは光栄。もっと成長して、今度はシングルスで金メダルを取りたい」と語った。

 ほかの代表選手にも規定に基づく報償金が贈られ、混合ダブルス金、男子団体銀の水谷隼(32=木下グループ)は600万円を受け取った。水谷は「今こうして金メダリストとしていることも、まだあまり実感がない。というか、一生、たぶん、本当に自分が優勝できたのかなという気持ちでいるんじゃないかと思います」と話していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月12日のニュース