15歳ワリエワ、高難度構成の名曲ボレロ 4回転2種3本&3A挑戦 ロシアテストスケート

[ 2021年9月13日 00:21 ]

フィギュアスケート・ロシアテストスケート最終日 ( 2021年9月12日    ロシア・チェリャビンスク )

カミラ・ワリエワ
Photo By スポニチ

 国内のシニア強化選手らが集結し、22年北京五輪シーズンとなる今季のプログラムを披露した。女子フリーで、今季シニア転向した20年世界ジュニア選手権女王のカミラ・ワリエワは名曲ボレロを演じた。

 冒頭の4回転サルコーは転倒。続く両手を挙げたトリプルアクセルは降り、4回転トーループ―1回転オイラー―3回転サルコーも着氷。基礎点の上がる後半に投入した4回転トーループは失敗した。

 ショートプログラムでも跳ぶトリプルアクセルに加えて4回転ジャンプ2種3本という高難度構成。今回は完遂できず、演技後は両手で顔に当てて悔しさをにじませていた。

 今年4月に15歳になったワリエワは、ジャンプだけでなく全要素で質の高い演技が持ち味。エテリ・トゥトベリゼ・コーチの門下生として北京五輪金メダルを狙う逸材だ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月12日のニュース