コストルナヤ、トゥクタミシェワは3A挑戦 シェルバコワ4回転回避 ロシアテストスケート

[ 2021年9月13日 00:42 ]

フィギュアスケート・ロシアテストスケート最終日 ( 2021年9月12日    ロシア・チェリャビンスク )

アリョーナ・コストルナヤ
Photo By スポニチ

 国内のシニア強化選手らが集結し、22年北京五輪シーズンとなる今季のプログラムを披露した。女子フリーに臨んだ19年GPファイナル女王のアリョーナ・コストルナヤ、21年世界選手権準優勝のエリザベータ・トゥクタミシェワは冒頭にトリプルアクセルを組み込んだ。

 五輪シーズンでの復活を目指すコストルナヤは黒を基調とした落ち着いた衣装で「四季」の冬を演じ、冒頭のトリプルアクセルを着氷。アラビア風の衣装で独自の世界観を醸しだしたトゥクタミシェワが冒頭に2本挑んだトリプルアクセルは、ステップアウトと回転が抜けた。

 21年世界選手権女王のアンナ・シェルバコワは4回転ジャンプを回避したが、途中で曲調の変わるプログラムでルッツ―ループの連続3回転ジャンプなどを見せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月12日のニュース