卓球五輪銅・丹羽 休暇返上でTリーグ1勝、昨季最下位のチーム盛り上げる多彩技術

[ 2021年9月12日 05:30 ]

卓球の丹羽孝希
Photo By スポニチ

 卓球のノジマTリーグは11日、東京・大田区総合体育館で男女各1試合が行われ、東京五輪男子団体銅メダルの丹羽孝希(26=彩たま)が五輪代表の先陣を切って公式戦に登場。第2試合に出場し、3―1で五輪後初勝利を挙げた。試合は岡山が3―2で彩たまに勝った。女子は日本ペイントが神奈川に4―0で勝利。東京五輪代表の石川佳純(28=神奈川)はベンチ入りしなかった。

 丹羽が五輪休暇返上で強行出場した。「もっと休みたいがチームの状況もある。勝利で貢献できて良かった」と、試合後に一息ついた。昨季最下位のチームを救うべくメダリストが奮闘。高速カウンターやノールックショットなど、丹羽らしい多彩な技術で会場を沸かせた。他の五輪代表選手はまだ出場の見通しが立っていないが「五輪選手の強さを見せられるように精いっぱい頑張りたい」と意気込んでいた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月12日のニュース