卓球代表監督に男子は田勢氏、女子は渡辺氏 24年パリ五輪金へ コーチから昇格

[ 2021年9月12日 05:30 ]

卓球日本代表男子の新監督に就任し、オンラインで取材に応じる田勢邦史氏
Photo By 共同

 日本卓球協会は理事会を開き、24年パリ五輪を目指す新たな男女の日本代表監督を承認した。

 男子は田勢邦史氏(39)、女子は渡辺武弘氏(59)が就任。ともに代表チームでコーチを務め、現体制からのスムーズな引き継ぎなどが重視された。任期は10月1日から25年3月31日まで。

 田勢新監督は「五輪金メダルが最大の目標。男子は全種目でメダルを獲得したい」と抱負を語り、渡辺新監督は「打倒中国が最大の目標」と意気込んでいた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月12日のニュース