OCAアハマド会長 有罪で一時退任「訴えが認められると確信している」

[ 2021年9月12日 05:30 ]

 国際スポーツ界に大きな影響力を持つアジア・オリンピック評議会(OCA)のシェイク・アハマド会長が10日、母国クウェートで政敵をおとしめる映像を偽造した罪で、スイスの裁判所で有罪判決を受けた。

 既に国際オリンピック委員会(IOC)委員を一時的に退いているアハマド氏はOCA会長職も一時的に退任。ランディール・シン終身名誉副会長(インド)が会長代理に就任した。アハマド氏は上訴する方針で、OCAは「訴えが認められると確信している」と声明を発表した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月12日のニュース