桃田 惨敗だった五輪回顧「ストイックになり過ぎて視野が狭くなっていた」

[ 2021年9月12日 05:30 ]

桃田賢斗
Photo By スポニチ

 バドミントン男子シングルス世界ランキング1位の桃田賢斗(27=NTT東日本)が11日、ライブ配信アプリ「17LIVE(イチナナ)」に初登場した。

 1次リーグ敗退に終わった東京五輪について「世界ランク1位のプレッシャーがあった」と振り返り「ストイックになり過ぎて視野が狭くなっていた」と分析。3年後のパリ五輪については「ゼロからという感じ。一つ一つ積み上げた先に次の五輪があれば」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月12日のニュース