オープンウォーター男子、25歳・南出が初の五輪出場 豊田は切符逃す

[ 2021年6月22日 05:30 ]

五輪最終予選 ( 2021年6月20日    ポルトガル、セトゥバル )

 “五輪切符”を手に記念撮影する南出(日本水連提供)
Photo By 共同

 東京五輪最終予選は20日に男子10キロが行われ、25歳の南出大伸(木下グループ)が2時間2分29秒70で6位に入り、初の五輪出場を決めた。豊田壮(チームフクイ)は23位で五輪切符を逃した。

 ◇南出 大伸(みなみで・たいしん)1996年(平8)4月13日生まれ、和歌山県出身の25歳。18年日本選手権優勝。和歌山・海南高、日体大出、木下グループ。1メートル78、75キロ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月22日のニュース