新三役の小結・若隆景 祖父に並んだ「喜んでくれる」福島出身20年ぶり

[ 2021年6月22日 05:30 ]

大相撲名古屋場所番付発表 ( 2021年6月21日 )

新三役に昇進した小結・若隆景(日本相撲協会提供)
Photo By 提供写真

 新三役の小結・若隆景は「うれしい気持ちが大きい」と頬を緩めた。母方の祖父で元小結の若葉山に番付で並んだ。自身が小学生になる前に祖父は他界。物心つく前には、よく一緒に旅行に出かけていたと周囲から聞いている。「落ち着いたら(墓前へ)報告に行きたい。喜んでくれると思う」。また、福島出身の新三役は01年秋場所の玉乃島以来20年ぶり。「応援してくれる人が地元にたくさんいる。活躍して恩返しできれば」と意気込んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月22日のニュース