元関脇・勢が引退、年寄「春日山」襲名 幕内在位44場所、近年ケガに苦しむ

[ 2021年6月22日 05:30 ]

引退を発表した元関脇の勢
Photo By スポニチ

 日本相撲協会は21日、元関脇で東三段目21枚目の勢(34)=本名・東口翔太、伊勢ノ海部屋=の現役引退と年寄「春日山」襲名を発表した。

 東十両13枚目で臨んだ1月の初場所で負け越し、春場所で幕下に転落。2月上旬に左手親指の手術を受け、春場所と夏場所は全休した。同じ大阪府出身の豪栄道(現武隈親方)らと同年代で、05年春場所で初土俵。右四つでの寄りや小手投げで活躍。12年春場所で新入幕、16年夏場所で新関脇昇進を果たした。歌のうまさは角界随一で、テレビ番組などで美声を披露する人気力士だった。幕内在位は44場所。近年は左脚負傷などに苦しみ、初場所千秋楽には左手骨折で初土俵以来初めて休場した。敢闘賞4回、金星5個を獲得した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月22日のニュース