五輪初のトランスジェンダー選手出場決定 重量挙げ、NZ女子代表にハバード

[ 2021年6月22日 05:30 ]

トランスジェンダー選手として初の五輪代表となったニュージーランドのローレル・ハバード(AP)
Photo By AP

 東京五輪に史上初となるトランスジェンダー選手が出場することが決まった。ニュージーランド・オリンピック委員会(NZOC)が21日、重量挙げ女子代表として男子から性別転換した87キロ超級のローレル・ハバード(43)の選出を発表した。ハバードは13年に性別適合手術を受けるまで男子として競技。男性ホルモンのテストステロン値が12カ月間、一定以下なら女子として競技することが認められた15年から、五輪出場が可能だった。

 ライバル選手の一部から不満もあったが、ハバードは「大勢の国民から受けた親切心と支援に感謝し、恐縮している」とコメントを発表した。NZOCは「私たちは資格のある全選手を支える」との立場を示した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月22日のニュース