深堀圭一郎氏 大きな星野の伸びしろ 米で戦うには高弾道のアイアン磨け

[ 2021年6月22日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー 全米オープン最終日 ( 2021年6月20日    カリフォルニア州 トーリーパインズGC=7652ヤード、パー71 )

全米オープン最終日 14番でティーショットを放つ星野
Photo By 共同

 星野選手が最終日に、今後の成長を期待させるプレーを見せてくれました。

 彼の長所は思い切りの良さ。ショットもパットもしっかり打ち抜いて、ちゅうちょしてミスをすることがありません。飛距離も出ます。持ち球はドローで中弾道。スイングを下からあおるようなことがないので、左右のブレも少ない。弾道が高い人は力が入ると、右肩が下がって左肩が上がる。彼は体がきれいに回転するので、安定したショットが打てます。

 気になるのは、米ツアーで戦うにはアイアンの弾道が少し低いこと。向こうのグリーンはアンジュレーションがあって硬いため、上から落とした方が止まりやすいのです。彼の場合、グリーンを狙うショットはもう少し高い方がいい。でもそれはスイングをいじらなくても、クラブのスペックやセッティングを変えることで対応できます。ショートゲームを含め、伸びしろは大きいので楽しみです。

 松山選手はショット、パットともにいい感じで回っていました。優勝争いには届かない位置でしたが気持ちを切り替えてプレーできたのではないでしょうか。今回は2日目の出だしの4ホールでつまずいたのが全て。レベルの高いゴルフは変わっていません。(プロゴルフアー)=終わり=

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月22日のニュース