福島、参加標準届かず 日本選手権絶望で目に涙「最後までベストは尽くしたい」

[ 2020年9月7日 05:30 ]

陸上 富士北麓ワールドトライアル ( 2020年9月6日    山梨・富士北麓公園陸上競技場 )

日本選手権出場が絶望的となり、会見で目に涙を浮かべる福島
Photo By スポニチ

 女子100メートル日本記録保持者の福島千里(32=セイコー)は7連覇の実績を誇る日本選手権出場が絶望的となった。1本目は12秒31(向かい風0・1メートル)、2本目も12秒27(追い風1・3メートル)と参加標準記録(11秒80)に届かなかった。

 参加記録有効期間は9月14日までだが、福島にとっては今大会が実質的にラストチャンス。「選手として駄目。ただ、最後までベストは尽くしたい」と目に涙を浮かべた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月7日のニュース