田中刑事が「ドリーム・オン・アイス」欠場、ケガのため

[ 2020年9月7日 19:34 ]

田中刑事
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートのアイスショー「ドリーム・オン・アイス」(12、13日、KOSE新横浜スケートセンター)は7日、公式ツイッターで18年平昌五輪男子代表の田中刑事(倉敷FSC)が欠場すると発表した。

 練習中のケガが原因で、田中は同ツイッターに「この度は、皆様の前で演技をする機会を頂いたのに、練習中に怪我をしたため辞退することになってしまい申し訳ありません。順調に回復してきているので大会までに調子を戻せるよう頑張ります。皆様にお会いできる機会がなく残念に思っています。また皆様の前で演技できる日を楽しみにしています」とコメントを寄せた。

 同ショーは鍵山優真(星槎国際高横浜)、佐藤駿(埼玉栄高)、友野一希(同大)、樋口新葉(明大)、坂本花織(シスメックス)らが出演。12日に今季のSP、13日にフリーを演技する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月7日のニュース