紀平梨花、今季SPの一端を披露 ツイッターで1分動画 左手の側転も

[ 2020年9月7日 10:20 ]

フィギュアスケート女子の紀平梨花
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート女子で18年グランプリファイナル優勝の紀平梨花(18=N高東京)が7日、自身のツイッターを更新し、今季のショートプログラム(SP)の一端を披露した。「今季のNewショートプログラムです」というコメントが添えられた1分の編集動画には左手の側転や、ステップや振付などを収録。振付を担当したフランス人のブノワ・リショー氏(32)とブラッシュアップする様子も収められている。

 紀平は2018―19年シーズンにシニアデビュー。SPでは同シーズン「月の光」、19―20年シーズン「ブレックファスト・イン・バグダッド」を演じていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月7日のニュース