日本精工 エース藤嶋、悔しい5失点…3年ぶり1部で白星発進逃す

[ 2020年9月7日 05:30 ]

第53回日本女子ソフトボールリーグ 神奈川大会   日本精工3-5伊予銀行 ( 2020年9月6日    大和スタジアム )

<伊予銀行・日本精工>力投する日本精工先発の藤嶋(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 日本精工は3年ぶりの1部で白星発進はできなかった。昨季2部で9勝無敗だったエース藤嶋が、新人で4番の安川に2発を浴び6回途中5失点で降板。「(初回)2死から本塁打を浴びてしまい、流れが悪い試合だった」とうなだれた。

 打線は11安打を放ちながらも3得点にとどまった。チームのスローガンの「下克上」を成し遂げるべく、右腕は「後悔のない投球をしたい」と奮起を誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月7日のニュース