神戸製鋼のチャリティーマスク5時間で完売 元木、大畑ら着用のジャージー活用

[ 2020年9月7日 19:07 ]

ラグビー神戸製鋼は医療従事者支援のため、ジャージーを使ったマスクを作り、チャリティーで販売する
Photo By 提供写真

 ラグビー・トップリーグの神戸製鋼は7日、チャリティーマスクが1日で“完売”したと発表した。午前11時に受け付けを開始し、5時間後の午後4時に予定の1000枚に達し、締め切った。

 このマスクは、08~13年に試合で着用したジャージーの生地で製作。日本代表79キャップの元木由記雄さんや世界殿堂入りをした大畑大介さんら、選手が使用したものを活用した。収益は、医療従事者を支援する団体などに寄付する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年9月7日のニュース