ムラデノビッチ、濃厚接触者として認定 女子ダブルス2回戦で棄権扱いに

[ 2020年9月7日 05:30 ]

テニス 全米オープン第6日 女子ダブルス2回戦 ( 2020年9月5日    ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター )

濃厚接触者認定となり、2回戦で棄権扱いとなったムクリスティナ・ムラデノビッチ
Photo By AP

 女子ダブルスの第1シード、ムラデノビッチ(フランス)バボシュ(ハンガリー)組が2回戦で棄権扱いとなった。

 ムラデノビッチは新型コロナウイルス感染で開幕前日に棄権したペール(フランス)の濃厚接触者とされ、個別の隔離措置が取られていたが、保健当局からこの日、ホテルから会場への移動を禁じる新たな通達があり、事実上の大会除外となった。ムラデノビッチは2日のシングルス2回戦敗退後、厳しい隔離措置に「悪夢のよう」と不満を示していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月7日のニュース