関西学生アメフト1部は10・17開幕 史上初トーナメントで開催

[ 2020年9月7日 16:06 ]

 関西学生アメリカンフットボール連盟は7日、大阪市内で会見を開き、史上初めてトーナメントで開催する1部の秋季公式戦を10月17日に開幕することを発表した。関大―京大戦で熱戦は始まり、同日に昨年のリーグ王者、立命大が桃山学院大と激突。18日は学生日本一の関学大―同大戦、神大―近大戦がある。全試合無観客で、11月28日の決勝戦は上限5000人の有観客を目指す。

 三密を避けるため、サイドラインの人数が選手60人、スタッフ30人を上限にし、選手のフェースシールドを義務化する。今季から背番号0が解禁。東西大学王座決定戦として開かれる「第75回甲子園ボウル」出場を目指す戦いは、新様式のもとで始まる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月7日のニュース