小祝の母、娘が初めて泣いた2年前を回顧「あの涙がうれし涙に変わればいいな…」

[ 2020年9月7日 05:30 ]

女子ゴルフツアー ゴルフ5レディース最終日 ( 2020年9月6日    岐阜県 GOLF5カントリーみずなみC=6571ヤード、パー72 )

優勝を決め、ボードを背に喜ぶ小祝さくら
Photo By 代表撮影

 首位から出た“黄金世代”小祝さくら(22=ニトリ)がこの日のベストスコア66をマーク。2位に6打差をつけ、大会新の通算17アンダーで今季ツアー初優勝を飾った。

【小祝さくらの母・ひとみさんに聞く】
 ――独走での優勝でした。
 「リベンジじゃないですかね。2年前の。あの時、申ジエさんに負けて初めて涙を流しました。あれから物凄く練習するようになりましたし、あの涙がうれし涙に変わればいいなと思って見ていました」

 ――優勝の予感はありましたか。
 「普段から一切、変わらない人。やることはやってきたので、パターが入れば勝つと思っていました」

 ――優勝会見では賞金女王が目標との発言もありました。
 「ちょっと勝ったり、上位に行ったからといって“調子に乗んなよ”っていつも言っているんです。並の努力では達成できない目標ですからそれが普通の言葉だと思います。そのために(辻村)コーチも一生懸命協力してくれているわけですから。これからです」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月7日のニュース