鈴木前五輪相、コロナで一部の国不参加でも「数の上では成立するのでは」

[ 2020年9月7日 05:30 ]

自民党の鈴木俊一総務会長
Photo By スポニチ

 自民党の鈴木俊一総務会長は6日放送のBSテレ東番組で、来夏の東京五輪・パラリンピックを巡り、新型コロナウイルス感染拡大により一部の国が不参加となっても開催は可能との認識を示した。

 鈴木氏は前五輪相。冷戦下の1980年モスクワでは西側諸国が、84年ロサンゼルスでは東側諸国がボイコットした前例があると指摘。「コロナで十数カ国が参加できなくても、数の上から言えば成立するのではないか」と述べた。東京五輪開催に当たっては「コロナのワクチンや治療薬ができるかどうかが鍵だ」とも語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月7日のニュース