松島、仏デビューは前半15分で交代 スタンド沸かせるも右太腿負傷か

[ 2020年9月7日 05:32 ]

ラグビー フランス1部リーグ第1節   クレルモン―トゥールーズ ( 2020年9月6日    クレルモンフェラン )

クレルモンに入団した松島幸太朗(C)ASM Clermont Auvergne
Photo By 提供写真

 日本代表のFB松島幸太朗(27)はクレルモンの15番で先発出場し、開幕初戦で新天地デビューを果たしたが、前半15分に早くも交代となった。ベンチでは右太腿付近をアイシングしており、負傷交代とみられる。

 試合開始20秒、ハイキック処理でファーストタッチした松島は、前半4分にはスクラムを起点にした攻撃から相手陣へ大きくゲイン。新型コロナウイルスの影響で入場観客数が制限されたスタンドを大きく沸かせた。その後はボールを持つたびにスタンドを沸かせたが、無念の交代となった。

 自身2度目の出場だった昨年のW杯では通算5トライを挙げ、日本代表の史上初の8強入りに大きく貢献した松島。23年に次回W杯が開催されるフランスでも活躍が期待されており、ケガの状況が心配される。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月7日のニュース