大橋、池江復帰を歓迎「水泳界が盛り上がる」タイムには「さすがだな」

[ 2020年8月30日 05:30 ]

競泳・東京都特別大会第1日 ( 2020年8月29日    東京辰巳国際水泳場 )

<東京都特別水泳大会>女子100メートルバタフライ、59秒16でこの組2位の大橋悠依
Photo By 代表撮影

 白血病からの復活を期す競泳女子の池江璃花子(20=ルネサンス)が50メートル自由形に出場し昨年1月13日の三菱養和スプリント以来594日ぶりにレースに復帰した。タイムは26秒32で目標に掲げた日本学生選手権(インカレ=10月2~4日)の参加標準記録26秒86をクリアした。

 女子のエース大橋は「池江選手が戻ってくると水泳界が盛り上がる」と歓迎し「私も引っ張っていきたい」と気を引き締め直した。池江の泳ぎは見られなかったが「26秒8を目指して26秒3だったので凄い。普通に速いのでさすがだなと思いました」と絶賛。自身は女子100メートルバタフライに出場し、59秒16。昨年2月のコナミオープン以来のレースで「浮き上がってからばたつき、ターンもうまくいかなかった」と反省を口にした。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月30日のニュース