浅田真央さん「壁を乗り越えてきた」20代のラスト演技、サンクスツアーでファン魅了

[ 2020年8月30日 18:21 ]

19年2月のサンクスツアーで演技する浅田真央さん(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート女子で10年バンクーバー五輪銀メダル、世界選手権3度優勝の浅田真央さん(29)が30日、自身が主役のアイスショー「浅田真央サンクスツアー」の栃木公演(日光霧降スケートセンター)に出演した。

 浅田さんは9月25日に30歳の誕生日を迎える。次回公演は10月2~4日の兵庫公演(尼崎スポーツの森アイススケートリンク)のため、この日が20代のラスト演技。新型コロナウイルス感染予防のため、チケット販売は栃木県在住者に限定されたが、午後4時30分開始の公演はライブ配信も行われ、現地や映像で見守ったファンを魅了した。

 公演を終えた浅田さんは、「20代はホントに色々な経験をしました。乗り越えなければならない壁がたくさんありましたが、自分なりに乗り越えてきました。ほぼ、スケート一色の20代でしたが、30代も今まで支えてもらったスケートに何らかの形で携わりながら、楽しんでいきたいと思っています」とコメントを寄せた。

 栃木公演では新グッズとしてマスクを販売。キュートなデザインに加えて肌に優しく、通気性にも優れ、制菌加工も施された高性能なマスクで、9月初旬からオンラインでも販売予定となっている。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月30日のニュース