昨夏の世界選手権代表・大本、池江の復帰レースに「速い、凄い」

[ 2020年8月30日 05:30 ]

競泳・東京都特別大会第1日 ( 2020年8月29日    東京辰巳国際水泳場 )

<東京都特別水泳大会 女子50メートル自由形>レース後、笑顔を見せる池江璃花子
Photo By 代表撮影

 白血病からの復活を期す競泳女子の池江璃花子(20=ルネサンス)が50メートル自由形に出場し昨年1月13日の三菱養和スプリント以来594日ぶりにレースに復帰した。タイムは26秒32で目標に掲げた日本学生選手権(インカレ=10月2~4日)の参加標準記録26秒86をクリアした。

 昨夏の世界選手権代表の大本は池江の復帰レースについて「速い。つらい思いをされて、目標タイムを大幅に超えてくるのは凄い」と感想を口にした。自身は女子50メートル自由形で、池江の直後の第6組を泳ぎ25秒58。今井に競り負けて2着だった。「練習できていないのがはっきりと出た。ここからスピードを上げていきたい」と気持ちを切り替えていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月30日のニュース