社会人ゴルフ選手権九州予選 名守亮が初出場初優勝、唯一のアンダーパー

[ 2020年8月30日 18:58 ]

スポニチ主催内閣総理大臣杯第51回日本社会人ゴルフ選手権九州予選 ( 2020年8月30日    佐賀県佐賀市 北山カントリー倶楽部=6737ヤード、パー72 )

<社会人ゴルフ九州予選>優勝カップを手にする名守
Photo By スポニチ

 第39回九州社会人ゴルフ選手権を兼ねて行われ、大会初出場の23歳、名守亮(ゴルフマンモス)が初優勝を決めた。名守は3バーディー、1ボギーの2アンダー、70で回り、参加選手でただひとりのアンダーパーをマークした。

 2位はイーブン72で回った松尾文人(50=九州電力)。ベストシニアは3位の永田満(56=永田建設)で2年連続での獲得となった。上位4選手は10月22、23日に宝塚ゴルフ倶楽部・新コース(兵庫)で開催される全国大会の出場権を得た。

【上位成績】
―2(1)名守亮(ゴルフマンモス)70
±0(2)松尾文人(九州電力)72
+1(3)☆永田満(永田建設)73
+2(4)鶴留昭人(GFJ)74
 =以上が日本選手権へ進出=       

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月30日のニュース