藤田“先生”シニアデビュー首位発進「よその家におじゃましている感じ」

[ 2020年8月30日 05:30 ]

マルハンカップ太平洋クラブシニア第1日 ( 2020年8月29日    静岡県御殿場市 太平洋C御殿場C=7020ヤード、パー72 )

初日トップに立ったスポニチ本紙ゴルフ天国“先生”の藤田
Photo By スポニチ

 シニアデビュー戦となったスポニチ本紙ゴルフ天国の“先生”藤田寛之(51)が7アンダーの65で回り、期待通りの首位発進を見せた。前週優勝の鈴木亨(54)が71で19位につけている。

 レギュラーで活躍する藤田が、力の違いを見せつけた。17番で8メートルを決めるなど好調なパットを武器に9バーディーを奪った。初めて経験するシニアの舞台。「よその家におじゃましている感じ。(渡辺)司さんからは場違いな人が来たと言われました」と苦笑い。それでもこの日は師匠の芹沢と同組で「師匠の存在がだいぶ大きいですね」と気分よく回れたようだ。「優勝できればいいですね」と話す藤田に、師匠は「間違いなく優勝してくれるでしょう」と期待した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月30日のニュース