奈紗25位発進 納得の5バーディー「集中できた」 巻き返しに意欲

[ 2020年8月30日 05:30 ]

米女子ゴルフツアー アーカンソー選手権第1日 ( 2020年8月28日    アーカンソー州 ピナクルCC=6438ヤード、パー71 )

第1ラウンド、ショットを放つ畑岡
Photo By ゲッティ=共同

 畑岡奈紗(21=アビームコンサルティング)は5バーディー、2ボギーの68、3アンダーで25位スタートとなった。7アンダー、64のアンナ・ノードクイスト(33=スウェーデン)ら3人が首位。野村敏京(27=フリー)は70の1アンダーで65位につけ、河本結(22=リコー)は72の1オーバー122位、3オーバー、74の山口すず夏(20=環境ステーション)は139位、4オーバー、75の上原彩子(36=モスバーガー)は147位となっている。

 伸ばし合いの中、68で終えた畑岡は「集中したプレーはできた」と納得の表情だった。1番はボギー発進となったが、4番で8メートルのバーディーパットを沈めると前半は2アンダー。後半は我慢の時間帯もあったが、2アンダーで迎えた18番パー5でグリーン奥6メートルに2オンし、2パットでバーディー締め。「アイアンショットはいい。パットも長いのが入ってくれた」と表情を緩めた。2年前に米ツアー初優勝を果たした思い出の大会。首位とは4打差発進となり「パットをたくさん決められるように頑張りたい」と巻き返しに意欲的だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月30日のニュース