障害男女で好記録 金井、日本歴代2位 青木、追い風参考も“日本新”

[ 2020年8月30日 05:30 ]

陸上 ナイトゲームズ・イン福井 ( 2020年8月29日    福井市・福井県立陸上競技場 )

男子110メートル障害決勝 高山(右)との接戦を制して優勝を飾った金井(左)=撮影・北條 貴史
Photo By スポニチ

 男女とも障害は好記録が出た。男子110メートル障害の金井(ミズノ)は13秒27をマーク。現在は適用外ながら、東京五輪の参加標準記録13秒32を切った。自己ベストで日本歴代2位の好記録に「今年は後半に自信がある。落ち着いて、失速を少なくできた」と喜んだ。

 女子100メートル障害の青木(七十七銀行)がマークした12秒87は日本記録を0秒1も上回ったが、追い風2.1メートルで参考記録扱い。それでも「自分がこれくらい走れることが分かってうれしい」と声を弾ませた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月30日のニュース