今井月、親友・池江の復帰に感慨深げ「本当に良い泳ぎをしてるなと思った」

[ 2020年8月30日 05:30 ]

競泳・東京都特別大会第1日 ( 2020年8月29日    東京辰巳国際水泳場 )

池江璃花子(右)と今井月
Photo By スポニチ

 白血病からの復活を期す競泳女子の池江璃花子(20=ルネサンス)が50メートル自由形に出場し昨年1月13日の三菱養和スプリント以来594日ぶりにレースに復帰した。

 池江と同学年で親友の今井月(るな、20=東洋大)も復帰を喜んだ。女子50メートル自由形に出場し、第6組で登場。1組前で池江が泳いでおり「久しぶりにレースに璃花子がいるなと思った。声を出して応援したかったですけど、(コロナ禍で)できなかったので、しっかりレースを見た。本当に良い泳ぎをしてるなと思った」と感慨深げ。リオ五輪にともに出場した盟友の約1年7カ月ぶりの復帰戦を目に焼き付けた。

 レース前に観客席で顔を合わせ「緊張してる?何秒ぐらい出そう?」と声を掛けると「結構、緊張している」と返ってきた。自身は25秒22の好タイムで1着。「璃花子とおしゃべりしたりできることが凄くうれしい。自分も璃花子に負けないように、刺激を与えられる存在でいたい」と気持ちを新たにした。

 レース後には自身のインスタグラムを更新。マスク姿で池江と笑顔でピースするツーショット写真をアップし「復帰おめでとう」と記した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月30日のニュース