池江璃花子 594日ぶりのレースに緊張「ゴーグルが取れないか不安でした」

[ 2020年8月30日 05:30 ]

競泳・東京都特別大会第1日 ( 2020年8月29日    東京辰巳国際水泳場 )

<東京都特別水泳大会>リモートでの会見を終え、笑顔で写真におさまる池江璃花子
Photo By 代表撮影

 白血病からの復活を期す競泳女子の池江璃花子(20=ルネサンス)が50メートル自由形に出場し昨年1月13日の三菱養和スプリント以来594日ぶりにレースに復帰した。タイムは26秒32で目標に掲げた日本学生選手権(インカレ=10月2~4日)の参加標準記録26秒86をクリアした。

 【池江に聞く】
 ――レース前の気持ちは?
 「レースの直前は緊張するって言葉しか浮かばないくらい緊張していた。家族からは“とにかく楽しんで”と。試合直前になり、大丈夫かな?という不安はあったが、最終的には楽しむことをメインにすると切り替えられた」

 ――収穫は?
 「タイムや結果とかは関係なく、自分が泳いでいること。またこの場所で泳げたこと自体に、自分のことだけど感動した。周りの人はタイムが何秒とか気にすると思うが、今はそういうレベルではないと思っている」

 ――スタート台に上がる前に下を向いていたが。
 「スタート台の前に立って戻ってきた感じがした。久しぶりに全力でダイブするから、ゴーグルが取れないか不安でした」

 ――出遅れた?
 「周りから見たら出遅れかもしれない。自分の中では同じようなスタートをしてるつもりが、筋力が追いついていない。脚力が戻っていない。瞬発力を戻すのは、まだ時間がかかるのかなと思う」

 ――5組1着でフィニッシュした。
 「ラスト15メートルぐらいで一瞬、横を見た時に、もしかしたらいけるんじゃないかと思った」

 ――闘病生活は頭によぎった?
 「ここに来るまでの道がちょっと懐かしく感じた。また自分の水泳人生が始まると思うと、凄く胸がキュッと締め付けられる。また気持ちを切り替えられたいいタイミングだったかなと思う」

 ――今後の目標は?
 「まずはインカレ。(会場で応援した)去年のインカレで、来年は絶対に自分が出てやるという気持ちになった。その思いを爆発させて、夢、目標をかなえられたというところを見てもらいたい。一番の目標はパリ(24年五輪)に出場することです」

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月30日のニュース