林享氏、レース復帰の池江は“パワーやスタミナまだまだも変わらぬ技術力”

[ 2020年8月30日 05:30 ]

競泳・東京都特別大会第1日 ( 2020年8月29日    東京辰巳国際水泳場 )

<東京都特別水泳大会>女子50メートル自由形で力泳する池江璃花子
Photo By 代表撮影

 白血病からの復活を期す競泳女子の池江璃花子(20=ルネサンス)が50メートル自由形に出場し昨年1月13日の三菱養和スプリント以来594日ぶりにレースに復帰した。タイムは26秒32で目標に掲げた日本学生選手権(インカレ=10月2~4日)の参加標準記録26秒86をクリアした。

 【林享の目】かなり戻ってきたな、という印象だ。池江は練習を再開した当初と比べて、体もひと回り大きくなっていた。自己ベストからは約2秒遅れたが、泳ぎのうまさは以前と変わっていなかった。

 引退など一度プールから離れた選手は50メートルのレースで復帰することが多い。50メートルを泳ぐ技術はそれほど落ちない。まずは試合に向けてスピード練習をすること、試合の感覚を取り戻すことが大切で、池江もその目的はクリアできたと思う。

 もちろんパワーやスタミナはまだまだだ。ひとかきで進む距離は以前より短いし、持ち味であるラストの伸びもなかった。本職の100メートルバタフライに出場するにはもう少し時間が必要だろう。

 ただ練習を再開して半年、直前にできない時期があったことも考慮すると、ここから練習を積めれば、10月のインカレでは1秒くらい上がるのではないだろうか。24年ではなく、来年の五輪もチャンスがあるのではないかと勝手に期待してしまうが、焦らずに取り組んでほしい。(92年バルセロナ五輪100メートル平泳ぎ4位、東海学園大監督)

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月30日のニュース