無観客でVリーグ男子プレーオフ決勝 ジェイテクトがフルセット制し初優勝

[ 2020年2月29日 17:48 ]

バレーボール Vリーグ男子1部プレーオフ決勝 ( 2020年2月29日    群馬・高崎アリーナ )

<パナソニック・ジェイテクト>無人の観客席には大型バナーやのぼりが設置された
Photo By スポニチ

 レギュラーラウンド1位のパナソニックと2位ジェイテクトが対戦した。試合は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて無観客で開催され、日本バレーボール機構の嶋岡健治代表理事会長は「大変苦渋の選択」と話した。

 試合はパナソニックが25―17で第1セットを先取したが、ジェイテクトは西田、カジースキら攻撃陣が調子を上げ、第2、第3セットをともに25―22で奪った。第4セットはパナソニックが返したが最終第5セットは伏見の活躍などでものにし、初優勝を果たした。最高殊勲選手賞には西田が選ばれた。

 パナソニックは3連覇を逃した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月29日のニュース