桃田、29日練習に復帰 退院からわずか16日 リハビリと並行

[ 2020年2月29日 05:30 ]

バドミントンの桃田賢斗
Photo By スポニチ

 NTT東日本は28日、右眼窩(がんか)底骨折の手術で静養していたバドミントン男子シングルス世界ランク1位の桃田賢斗(25=NTT東日本)が29日からチーム練習に復帰すると発表した。複視などの症状は完治していないもののリハビリと並行して全体練習のメニューを消化する。

 1月に遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれた桃田は、今月3日に日本代表合宿に合流。練習中に「羽根が2つに見える」と訴え、再検査の結果、骨折が判明した。8日に手術を受けた際は全治3カ月とされ、練習復帰は1カ月後の診断で判断する予定だった。しかし、予想以上に回復が早く、13日の退院からわずか16日後の練習再開が決定した。完全復活へ前進し、NTT東日本によれば「本人はかなり前向き」という。

 既に東京五輪出場を確実にしている桃田は、状態を見ながら公式戦の復帰時期を模索する。五輪選考レース終了後に行われる国別対抗戦トマス杯(5月16日開幕、デンマーク)が復帰のメドになりそうだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月29日のニュース