鶴竜、無観客に理解「寂しいけど、無事で何もないのがベスト」

[ 2020年2月29日 05:30 ]

大相撲春場所 中止か無観客

鶴竜
Photo By スポニチ

 横綱・鶴竜は「(無観客開催となれば)寂しいけど、無事で何もないのがベスト」と複雑な表情を浮かべた。握手やサインなどファンとの交流も制限されている状況に「お互いのためですから」と理解を求めた。

 鶴竜が所属する堺市の陸奥部屋へ出稽古した関脇・正代は「(春場所が)あってもなくても体調を整えていきたい」と淡々。東京五輪の聖火リレーでは、出身の熊本県で走者に選ばれており「(状況が)落ち着いてほしい」と気をもんでいた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月29日のニュース