サンウルブズ3連敗 アウエーで10トライ許す完敗

[ 2020年2月29日 14:24 ]

スーパーラグビー第5節   ハリケーンズ(勝ち点13) 62―15 サンウルブズ(勝ち点4) ( 2020年2月29日    ニュージーランド・ネーピア )

 サンウルブズはアウエーで先制しながらも10トライを奪われて完敗。開幕戦白星後に3連敗で1勝3敗となり、この日今季初勝利を挙げたワラタズに抜かれてオーストラリア・カンファレンス最下位に転落した。ハリケーンズは3連勝で3勝1敗。

 サンウルブズは前半3分、左ラインアウトから抜け出したロックのストーバーグ(近鉄)が左中間へ飛び込む先制トライ(7―0)。同点とされた同11分には、今季途中加入し、この試合でスーパーラグビーにデビューしたSO小倉順平(前NTTコミュニケーションズ)がPGを決めて10―7とリードした。しかし、ハリケーンズがラインアウトから仕掛ける攻撃を止められず、課題のスクラムでも自陣でターンオーバーされてトライに結びつけられるなど、前半だけで4トライを許して10―28でハーフタイムを迎えた。

 後半もキックオフから2本続けてノーホイッスルトライを許すなど流れを変えられず、アタックでもノックオンなどのミスを連発。10―57の後半25分、敵陣スクラムからWTBフィフィタ(天理大)がフィジカルの強さを見せて右中間へ1トライを返すのが精いっぱいだった。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため3月8日のブランビーズ戦と同14日のクルセーダーズ戦がオーストラリア開催となり、帰国しないまま海外6連戦を強いられるサンウルブズにとっては厳しい結果となった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月29日のニュース