3人制バスケ 男子日本代表がルール確認「五輪まで時間は十分ある」

[ 2020年1月7日 05:30 ]

 開催国枠で東京五輪出場が内定している3人制バスケットボール男子日本代表が6日、都内での合宿を公開した。

 参加10人中、3人制を頻繁にプレーしているのは小松、落合ら少数で大半は5人制が主戦場。ゴール後の試合再開方法などルールが異なるため、混乱する場面があった。

 五輪開幕まで200日とは思えないが、ロイブル監督は「分かっていても思わずやってしまうことがある。この合宿でしっかりルールを確認して混乱のないようにしたい」と説明。5人制の日本代表経験もあるブラウンは「五輪までにルールに慣れる時間は十分にある」と強調した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2020年1月7日のニュース