瀬戸大也、東京五輪の競泳日本代表主将に内定

[ 2020年1月7日 18:51 ]

競泳の瀬戸
Photo By スポニチ

 競泳の東京五輪日本代表の主将に瀬戸大也(25=ANA)が内定した。200メートルと400メートルの個人メドレーで既に出場が内定。日本競泳陣では現時点で出場を勝ち取っている唯一の選手だ。

 昨年7月の世界選手権は男子主将を瀬戸、女子主将を大橋悠依(24=イトマン東進)が務めたが、東京五輪は男女を合わせた主将となる。瀬戸の担当コーチを務める梅原孝之氏(49)の五輪代表コーチ就任も決まった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月7日のニュース