桐蔭学園 悲願の単独Vへ 副主将・床田の決意「何としても金を家に…」兄2人も準V

[ 2020年1月7日 05:30 ]

第99回全国高校ラグビー大会 決勝   桐蔭学園―御所実 ( 2020年1月7日    東大阪市・花園ラグビー場 )

兄2人が実現できなかった全国制覇を目指す桐蔭学園のプロップ床田(中央)(撮影・中出健太郎)
Photo By スポニチ

 第99回全国高校ラグビー大会は7日、東大阪市の花園ラグビー場で桐蔭学園(神奈川)―御所実(奈良)の決勝が行われる。東福岡と両校優勝だった10年度以来2度目、単独では初の優勝を狙う桐蔭学園は6日、神戸市内のグラウンドで入念に最終調整。昨年も決勝に出場したプロップ床田淳貴(3年)は、兄2人と自身合わせて過去3度届かなかった全国制覇に挑む。

 過去6度の決勝で1分け5敗。“7度目の正直”へ向け、桐蔭学園は最後の練習でも対策に余念がなかった。相手のハイパント攻撃に対する空中キャッチの練習に始まり落ちたボールの処理、強力モールへの対応、ラックの攻防とメニューを消化。雨対策としてペットボトルの水をボールにかけ、滑りやすい状態でプレーもした。

 「単独(優勝)という景色を見たことがないんでね。一度は見たいですよ」。藤原秀之監督は話したが、自身は大東大第一(東京)の選手として優勝経験があるだけに「選手も見たいんじゃないか」と付け加えた。

 その筆頭がプロップの床田だ。兄2人も桐蔭学園OBで、長男・裕亮(中大→パナソニック)は第93回大会、次男・聖悟(立大)は第95回大会で、いずれも決勝で東海大仰星(現・東海大大阪仰星)に屈した。床田自身も1年前に大阪桐蔭(大阪)に敗れており、「もう家には3つ銀メダルがある」と苦笑いを浮かべた。

 副主将の今季は8月下旬に左腕を骨折して手術。2カ月半の離脱を強いられた。だが、「おまえがいない時期は俺がまとめる」と励ましてくれたSO伊藤大主将らに支えられ、県予選から復帰。準々決勝の大阪桐蔭戦ではディフェンスにスクラムにと奮闘し、藤原監督に「床田の成長なくしてこのチームの成長はない」と言わしめた。昨年12月、所属する立大が関東大学対抗戦Aグループ昇格を決めた次兄・聖悟から「次はおまえの番だぞ」と激励された三男は、「自分が末っ子でラストチャンス。何としても金を家に持って帰りたい」と“4度目の正直”へ意気込んだ。 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月7日のニュース