至学館が新年初練習“ポスト吉田沙保里”の向田「今まで以上にレスリングに費やしたい」

[ 2020年1月7日 05:30 ]

練習で汗を流す向田
Photo By スポニチ

 至学館大女子レスリング部が6日、愛知県内のキャンパスで新年初練習を公開した。女子53キロ級で東京五輪代表に内定している向田真優(22)は今春からジェイテクトに所属することを明かし、「今まで以上に練習と練習の間の時間もレスリングに費やしていきたい」と意気込んだ。

 五輪3連覇の吉田沙保里さんと同じ階級で“ポスト吉田”の呼び声が高い。

 この日も練習場に訪れた大先輩を前に「凄い方なので、(呼び方は)別にしてほしい」と苦笑いしつつも、初の五輪へ「一番の目標を達成できるチャンスが来た」と活躍を誓った。

 女子62キロ級代表の川井友香子(22)は春からリオ五輪金メダリストの姉、梨紗子と同じジャパンビバレッジ入りする。勝負の年を迎え「いよいよ私も五輪に出るんだなと実感しました」と気持ちを引き締め直した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月7日のニュース