マキロイ 習志野CCは「メキシコのコースみたい」、前週ラグビー観戦「オールブラックスに圧倒された」

[ 2019年10月23日 11:44 ]

 日本で初めて開催される米ツアーのZOZOチャンピオンシップに出場する世界ランク2位のロリー・マキロイが23日、会場の千葉・アコーディア習志野CCで会見した。

 日本で行われるトーナメントに出場するのは2008年の中日クラウンズ以来。「日本に戻ってこられてとてもうれしい。日本でPGAツアーが開催されると聞いた時はとてもうれしかった。ワクワクしている」と話した。

 コースの印象については「優勝スコアがどうなるかは分からない。天気次第でしょう。パー4はバーディーを狙っていけるところがいくつかある。ウエッジで第2打を打てるところもあれば、4、5Iで打たなければならないところもある。パー3は長いところも、短いところもある。とてもバラエティーに富んでいる。バック9はちょっと難しいかもしれない。特にグリーンが素晴らしい。メキシコのコースみたいだなと感じた。木がたくさんあって、ドッグレッグもあって。このコースはとても好きです」

 前日の練習日には1万人を超えるギャラリーがコースを訪れた。「悪天候の雨の中であれだけのファンが集まったことに圧倒されました。驚いた。タイガーが日本でプレーすることもなかなかないですからね」と話した。

 前週来日し、都内でリフレッシュした。「東京で歩いていた時に何度か気づかれましたが、新しい場所に行っていろんなことを経験するのは素晴らしい」と話した。また東京スタジアムで行われたラグビーW杯のアイルランド―ニュージーランド戦も観戦した。「アイルランドにとってはいい結果ではなかったが、オールブラックスを見たのは初めてですし、ハカを見たのも初めて。ニュージーランドに圧倒されました。とても素晴らしいチームでした」とリラックスしたムードで開幕を迎えられそうだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月23日のニュース