イングランド エディーHC、大一番へ闘志「2年半前から準備してきた」

[ 2019年10月23日 05:30 ]

ラグビーW杯2019 準決勝

ニュージーランド戦に向け調整するイングランドのファレル(左から3人目)ら
Photo By 共同

 イングランドのジョーンズ監督は大会連覇中の王者との準決勝へ向け「この試合のために2年半前から準備してきた」と闘志をみなぎらせた。

 17年5月に京都で行われた組み合わせ抽選会を振り返り「ニュージーランドと準決勝で当たるのは、計算すればすぐに分かる。どうすれば勝てるか、ずっと考えてきた」と必勝を期した。日本でも人気の高い相手を「日本人にとってのセカンドチーム」と表現。より重圧がかかるのは相手の方と指摘し「私たちが勝つとは誰も思っていない。失う物はない」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月23日のニュース