男子・小屋、女子・岸田が優勝! 12月の関東冬季大会出場権を獲得

[ 2019年10月23日 05:30 ]

スポニチ主催令和元年度関東高校ゴルフ選手権冬季大会関信越予選 ( 2019年10月22日    長野県 軽井沢72G西C=男子6562ヤード、パー72、女子6218ヤード、パー72 )

男子優勝の小屋と女子優勝の岸田
Photo By スポニチ

 男子は小屋将一朗(共愛学園1年)が6バーディー、1ボギーの67で優勝した。女子は岸田真衣奈(佐久長聖2年)が68で回って優勝。シード選手を除く男子上位19人、女子上位20人が、12月25、26日に千葉県一の宮CCで行われる関東冬季大会への出場権を獲得した。

 スタート時に強い雨に見舞われたラウンド。男子は小屋が制した。「不調だったドライバーが安定して林にいかなかった。いいプレーができた」と振り返った。全国大会出場権が懸かる関東大会に向け「出るからには優勝を目指したい」と抱負。最長320ヤードの1Wを「自分の強み」と話し、上位進出を見据えた。

 女子優勝の岸田は「パターが入ってくれた」と自身のベストスコア71を更新する68で優勝。「波に乗っている」と自己分析し、初の全国切符獲得に挑む。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月23日のニュース