御嶽海 台風被害の長野へ“恩返し”誓う「勝つ姿を見せたい」

[ 2019年10月23日 05:30 ]

大相撲秋巡業 ( 2019年10月22日    高知県安芸市 )

秋巡業で稽古に臨む御嶽海(右から2人目)
Photo By 共同

 秋場所で優勝した関脇・御嶽海が、台風19号で甚大な被害を受けた出身地長野県への恩返しを誓った。

 同県では千曲川が氾濫し、知人も被災したという。秋場所で受賞した殊勲賞の賞金は支援に充てる方針で、既に500ミリリットルの飲料水2000本を手配した。九州場所の成績次第では大関昇進の可能性が浮上しそうだ。「応援してもらっているだけではいけない。不足しているものなどがあれば、教えてほしい。何より勝つ姿を見せたい」と思いをはせた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月23日のニュース