白鵬「リベンジ」へ順調全勝、右手「いい感じ」 大相撲秋巡業

[ 2019年10月23日 05:30 ]

秋巡業で稽古する白鵬。右は大栄翔
Photo By 共同

 大相撲の秋巡業は22日、高知県安芸市で行われ、右手小指骨折で秋場所を途中休場した横綱・白鵬は平幕・大栄翔と8番取って全勝と順調な回復ぶりを示した。まわしを引いた右から投げを放つなど、患部を気にすることはなく「だいぶいい感じになってきた。動きも良かった」と納得の口ぶり。九州場所(11月10日初日)へ向け「昨年は九州を休場しているから頑張りたい。リベンジに燃えているよ」と意欲的に語った。

 休憩時間などに、スマートフォンで天皇陛下即位の儀式の様子を見詰めた。モンゴル出身で9月に日本国籍を取得したばかり。「今日という日に横綱土俵入りや相撲を見せることができて良かった」と感慨深げだった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月23日のニュース