松山 日本の声援背に2年ぶりV狙う「自国開催うれしい、この場で勝ちたい」

[ 2019年10月23日 05:30 ]

ZOZOチャンピオンシップ 24日開幕

練習の合間に笑顔で子どもたちと触れ合う松山
Photo By スポニチ

 国内初開催となる米男子ツアー、ZOZOチャンピオンシップは24日に開幕する。22日は千葉・習志野CCで練習ラウンドが行われ、世界ランク27位の松山英樹(27=LEXUS)は「自国での開催はうれしいし、この場所で勝ちたい」と2年ぶりの優勝へ意気込みを語った。

 朝から雨が降り続く中、練習ラウンドにもかかわらず1万人を超えるギャラリーが訪れ「ビックリですね。日本語の声援もうれしい」と笑顔を見せた。習志野CCは月曜日のスキンズゲームでチェック済みで7041ヤードと距離はないが、490ヤードを超えるパー4が4ホール、14番は2グリーンを使い分けるとあって、「全体は短いけど、長く感じるホールもある」と警戒する。

 前週のCJカップ(韓国)ではショットへの不安を口にしていたが、最終日に追い上げて今季ベストの3位。優勝予想でもジャスティン・トーマス(米国)、ロリー・マキロイ(英国)に次ぐ3位にランクされ「日本のファンの声援でゴルフが変わることもある」と地元開催に期待を込めた。 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月23日のニュース