日本、実力でつかんだ4連勝突破 HO堀江「誰も思ってなかったんじゃないですか?」

[ 2019年10月13日 23:03 ]

ラグビーW杯1リーグA組   日本28―21スコットランド ( 2019年10月13日    日産ス )

<日本・スコットランド>前半、タックルを受けながらパスを出す堀江(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 世界ランキング8位の日本代表は、1次リーグ最終戦で同9位のスコットランドに28―21で勝利。1次リーグ4戦全勝で勝ち点を19に伸ばして同組1位となり、史上初の8強入りを決めた。

 HO堀江は前半25分、右中間のラックからオフロードパスでつないでPR稲垣の逆転トライを演出。その後、相手LOグレイのタックルを受けて額付近から流血するアクシデントもあったが、体を張って勝利に貢献した。

 「スコットランドにフィジカルで圧倒された部分があったが、ゲームの中で修正できた」と死闘を振り返った堀江。強豪のアイルランド、スコットランドを撃破し、4連勝で1次リーグ突破。日本ラグビーの歴史を塗り替える快挙を成し遂げ、「うれしいですね。(4戦全勝は)誰も思ってなかったんじゃないですか」とニヤリと笑った。

 20日の準々決勝ではB組2位の南アフリカと激突するが、「僕らはそこ(8強)だけ目指して頑張ってきたので、ここからまた新しい目標ができたので、次の試合に向けてしっかりと引き締めて修正して次の試合に臨みたい」と続けた。

 スタジアムを埋め尽くした地元のファンの声援に「いやー、よかったですよ。これだけ味方がいるっていうのは力になった」と感謝の言葉を口にした背番号2。「勇気を与えられたらいいかなって。台風で苦しい思いをされている方もいっぱいいると思う。元気づけられるような試合ができてよかった」と台風の被災者を気遣った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月13日のニュース