日本、自陣での反則は厳禁 相手SHの正確PGで失点に直結

[ 2019年10月13日 05:30 ]

ラグビーW杯1次リーグA組最終戦   日本―スコットランド ( 2019年10月13日    日産ス )

雨の中アップをする(左から)レメキ、ラブスカフニ、リーチ、堀江、中村、ヘル(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

【見どころ】勝てば4戦全勝でA組1位が決まる日本は、安定したセットプレーと防御をベースに主導権を握りたい。反則には細心の注意が必要で、自陣のペナルティーは相手SHレイドローの正確なPGで失点に直結する。

 スコットランドは第3戦で温存したSOラッセルら主力を投入。8強入りに勝利が最低条件だ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月13日のニュース