WTB福岡、歴史的8強引き寄せた2トライ「全ての時間を犠牲にして頑張ってきた」

[ 2019年10月13日 21:50 ]

ラグビーW杯1リーグA組   日本28―21スコットランド ( 2019年10月13日    日産ス )

<日本・スコットランド>スコットランドに勝利し、歓喜の日本代表(左から)福岡、坂手、田中(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 日本が1次リーグ最終戦でスコットランドに28―21で勝利。1次リーグ4戦全勝で勝ち点を19に伸ばして同組1位となり、史上初の決勝トーナメント進出を決めた。

 前半39分、後半2分にトライを決めて歴史的8強を引き寄せたWTB福岡は「この時のために全ての時間を犠牲にして頑張ってきた。本当に最高」と感無量。昔からの夢だった医師を目指すため、今大会を「最後のワールドカップ」と位置付けているが、その大会で前回大会で敗れたスコットランドに雪辱しての快挙に「因縁の相手に勝ち切って決勝トーナメントに行くことが自分たちの最終目標になっていた。達成できて最高」と喜びを爆発させた。

 「たくさんの日本の方々の声援が自分たちの力になった」と日本全国から送られた声援に感謝。未知の世界となる決勝トーナメントへ向けて「これまで自分たちがやってきたことを全て出して、日本ラグビーの新しい歴史を塗り替えていきたい」と力強く語った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月13日のニュース