テコンドー協会 サポート企業がスポンサー解約

[ 2019年10月13日 05:30 ]

 強化体制を巡ってトップ選手との対立が続いている全日本テコンドー協会に対し、ダイテックスが12日までにスポンサー契約の解除を通知したと発表した。

 ダイテックスは日本オリンピック委員会(JOC)の就職支援制度を通じて選手の入社を受け入れるなど、競技活動のバックアップに力を入れてきた。同協会はトップ選手が強化合宿をボイコットし、一部理事が全理事の総辞職を求めるなど混乱が続いている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月13日のニュース